伏見から30分!宇治の人気キャンプ場「かさとぴあ」で、日帰りキャンプはいかが?6940

NO IMAGE

夏の暑い日、ちょっと涼しいところに出かけたいと思いませんか?そんなあなたにおすすめなのが、京都府宇治市にあるキャンプ場「かさとぴあ」です。

宿泊はもちろん、京都市伏見区からも車ですぐ通えるため、気軽に伏見からの日帰りキャンプも楽しめます。

今回は、そんな宇治の新キャンプ場「かさとぴあ」の魅力についてご紹介します。

宇治のキャンプ場「かさとぴあ」とは?

かさとぴあは、2022年4月29日に京都府の宇治市にオープンしたばかりのキャンプ場です。

京滋バイパス笠取ICからわずか車で5分のアクセスで到達できる便利なロケーションに位置しつつも、周囲には緑豊かな木々や清らかな川が広がり、自然の美に囲まれています。

敷地内には、様々なキャンプスタイルに対応したエリアが用意されており、カップルやグループ、さらにペット同伴でも楽しめるのが魅力的。

さらに、屋外型大型トランポリンをはじめ川遊びができるエリアなど、子供達が喜ぶ施設も充実しています。そのため、ファミリーでの利用にもぴったりで、楽しい思い出を作ることができるでしょう。

かさとぴあの魅力

かさとぴあの魅力を一挙ご紹介します。メインのキャンプはもちろん、その他にも楽しめる要素が豊富なので、ぜひ参考にしてみてください。

多彩なキャンプエリア

ウッドデッキ付きログハウス

かさとぴあの入口すぐ右手に1棟のみあるウッドデッキ付ログハウス。定員5名まで利用できるこの施設は、他のエリアと離れた距離にあるため、プライベート感覚で満喫できる贅沢なスポットです。また、他のエリアより少し高台に設置されていることから、見晴らしの良さも抜群です。

平日 ¥14,300~

休日・休前日 ¥17,600~

※表記はレギュラーシーズン(3.6.11月)

ウッドデッキエリア(ペット同伴可能)

ウッドデッキエリアは、場内に4区画設けられているデッキ付きキャンプサイトです。ウッドデッキの上に、テント設営を行うことができるため、地面の湿気や汚れを気にせずに快適にキャンプを楽しめるのがポイント。ペット同伴も可能なため、愛犬家の方にもおすすめです。

平日 ¥5,500~

休日・休前日 ¥6,600~

※表記はレギュラーシーズン(3.6.11月)

ログハウスエリア

場内に全3区画設けられているログハウスエリア。各ハウス前に約5m×6mの舗装エリアが設けられているのが特徴で、駐車エリアやテント設営など自由に使用することが可能。ログハウス内には、エアコンのほかAC電源まで完備されているため、オフシーズンの冬でも寒さを気にせずに快適に過ごすことができます。ログハウスの真横には宇治川の支流「かさとり川」も流れており、川のせせらぎに癒されながらキャンプを満喫できます。

平日 ¥14,300~

 休日・休前日 ¥17,600~

※表記はレギュラーシーズン(3.6.11月)

一棟貸しエリア

場内に1棟のみ設置されているウッドデッキ付き2階建ての一棟貸し施設です。白を貴重とした清潔感ある外観が特徴で、屋内にはキッチン、リビング、浴室、トイレまで完備されています。定員は10名までとなっているものの、1階、2階で十分な広さが確保されているので、複数家族や大グループでも広々と利用することができます。

平日 ¥44,000~

休日・休前日 ¥49,500~

※表記はレギュラーシーズン(3.6.11月)

枕木ウッドデッキ付 ログハウス(ペット同伴可能)

場内に全5区画ある枕木ウッドデッキ付きのログハウスです。ウッドデッキはテント設営はもちろん、BBQの場所にもぴったり。ハウスの目の前に広がる芝生エリアは、子供たちが楽しむ理想的な遊び場となっているため、家族連れのキャンパーにとっては子供を安心して遊ばせられるおすすめのエリアと言えます。

平日 ¥14,300~

休日・休前日 ¥17,600~

※表記はレギュラーシーズン(3.6.11月)

タイニー(トレーラー)ハウスエリア

キャンプ場1番奥手に位置するのがタイニーハウスエリア。約3m×4mのウッドデッキも併設されています。英語で「ちっぽけな」「ちっちゃな」を意味するタイニーの通り、こじんまりとした可愛らしい印象を受ける施設です。屋内には、冷蔵庫、電気ケトル、冷暖房のほか、Wi-Fi環境まで整っているため、キャンプに限らずワーケーションとしての利用にもおすすめです。

平日 ¥14,300~

休日・休前日 ¥17,600~

※表記はレギュラーシーズン(3.6.11月)

子供の遊び場が充実

「かさとぴあ」の現在の場所は、もともと宇治幼稚園の野外センターが存在していた土地です。当時使われていた遊具は丁寧にペンキで塗り直され、現在はキャンプ場の遊び場として再活用されています。

屋外型大型トランポリン「ふわふわドーム」

「かさとぴあ」内で特に子供たちに人気の遊具が、芝生エリアに設置されている「ふわふわドーム」。このドームは宇治で初めて設置された屋外型トランポリンとされており、京都府内でも数カ所にしか設置されていません。一度子供たちがその楽しさに触れると、夢中になること間違いなしです。

キッズスペース

キッズスペースは、シャワールームの向かいにあります。終日開放しており、屋外で遊ぶことのできない小さなお子様や、雨の日に屋外でお子様が遊べない日などに大活躍するエリアです。絵本やおもちゃ、パズルやブロックなどもあり、お子様が楽しく遊べるように工夫されています。

川遊び

キャンプ場北面に流れる「かさとり川」は子供達にとって最高の水遊びスポットです。水質も非常に綺麗なため、魚やカエルなど多様な水棲生物の鑑賞も楽しめます。また、夏の夜にはホテルも飛び交うため、幻想的な蛍の発光ライブショーを堪能することもできるでしょう。

日帰りでBBQキャンプもおすすめ!

かさとぴあは、日帰りキャンプでも十分に楽しめるキャンプ場です。日帰りの場合は、1人につき入園料500円、駐車場代1,000円で手軽にキャンプを楽しむことができます。

また場内には、トレーラーハウスなどの宿泊施設だけでなく、日帰り専用のBBQエリアもあり、家庭用電源や空調設備、冷蔵庫も完備されているため、あとは食料さえ手配すれば手軽にBBQが楽しめるのが魅力のポイント。

手ぶらで気軽に訪れることができ、自由なプランを立てることができる日帰りプランもキャンプの楽しみ方の一つですので、ぜひ挑戦してみてください。

伏見区からは車で約30分で通える!

かさとぴあは京都市内からもアクセスしやすい場所にあり、特に、伏見区からは京滋バイパスを利用すれば、車でわずか約30分で到着することができます。

伏見区からかさとぴあへの道中には、平等院鳳凰堂や醍醐寺などの有名な寺院もありますので、途中下車して観光するのもおすすめ。豊かな歴史と美しい自然が調和したルートを通りながら、かさとぴあへの旅を楽しんでみてください。

かさとぴあの概要

施設名Merriest Village かさとぴあ
住所京都府宇治市西笠取黒出5-1
電話番号075-366-9581
アクセス大山崎JCT or 久御山JCTより京滋バイパス滋賀方面→笠取ICから約5分

まとめ

今回は、宇治のキャンプ場「かさとぴあ」についてご紹介しました。

「かさとぴあ」は、さまざまなタイプのキャンプエリアが用意されており、そのため、カップル、グループ、ファミリーなど、幅広いニーズに対応するキャンプ場となっています。

また、伏見区からもアクセスがしやすい立地にあり、観光のついでに気軽に日帰りキャンプを楽しむことができます。美しい自然環境と豊かな施設が調和した「かさとぴあ」で、心地よいひとときを過ごしてみてください。