【伏見城】昭和に築城された模擬天守|伏見桃山城キャッスルランドの現在は?閉鎖された?歴史を解説

大人気の観光地であった、遊園地の伏見桃山城キャッスルランド。
しかし閉園をしてしまい、「閉園後はどうなったの?」と気になる方も多いはず。

  • 伏見桃山城キャッスルランドの跡地はどうなった?
  • 伏見桃山城ってどんなお城?
  • 伏見桃山城までのアクセス

以上3点を紹介していきます。

伏見桃山城キャッスルランドは閉鎖され、運動公園に

かつては人気の遊園地であった、伏見桃山城キャッスルランド。
しかし、平成15年に閉園してしまい、跡地が今では「伏見桃山城運動公園」として生まれ変わっています。

とはいえ伏見桃山城はそのまま残っているため、行けば見ることが可能です。

見ることはできますが、耐震基準を満たしていないということで、中に入ることができません。
天守閣の周辺は桜の木が植えられているので、お花見シーズンにはお散歩コースとしてもいいですね。

こちらが、伏見桃山城キャッスルランドが営業されていた当時のCM。
この時代から「流れるプール」や「スライダー」などがあったことが分かります。

そもそも伏見桃山城は模擬天守閣で、伏見城は現存しない

秀吉が建てたお城として知られていますが、今現存しているのは模擬の天守閣であり、秀吉が建てたお城とは別物なのです。

秀吉が建てたお城は「伏見城」というもので、現在見ることができるのは「伏見桃山城」です。

1596年に伏見城が建てられましたが、地震があってお城は崩れてしまいます。

その後もいろいろな事情があり、何度か「伏見城」は立て直されています。

そしていま現存している「伏見桃山城」は、4度目の建設で出来た天守閣ということですね。

伏見桃山城までのアクセス

伏見桃山城キャッスルランドの跡地として利用されている、伏見桃山城運動公園。

  • 硬式/軟式野球
  • ソフトボール
  • サッカー
  • アルティメット
  • ラクロス

などとさまざまな競技を楽しめる施設として、今でも活用されています。
そんな伏見桃山城運動公園までのアクセス、基本情報を紹介。

住所 京都府京都市伏見区桃山町大倉45
利用時間 午前6時~午後9時
(利用方法によって変化あり)
休館日 12月29日~1月3日

最寄り駅については、

・近鉄京都線「丹波橋」駅から徒歩20分
・京阪本線「丹波橋」駅から徒歩20分
・JR奈良線「藤森」駅から徒歩22分

といったアクセス。

正直、これから運動をしようということで行く場所なので、道具を持ち運ぶことを考えると、最寄り駅から徒歩20分というのは面倒ですね。
自家用車がある方は、ご自分で運転していくことをおすすめします。

伏見桃山城キャッスルランドの跡地は運動公園だった!|まとめ

京都の遊園地として人気だった、伏見桃山城キャッスルランド。
昭和39年オープンの遊園地で、平成15年に惜しまれつつも閉園しました。
今では運動公園として、野球からサッカー、ラクロスなど、いろいろな競技を楽しめる公園として生まれ変わっています。
最寄り駅からは徒歩20分と距離がありますので、自家用車やタクシーなどでの利用をオススメします。